2017年5月 1日 (月)

整骨院の力で血液を運ぶ

鉄分が不足すると貧血を起こす、ということはよく知られています。」」それは鉄と言う栄養素が血液中の赤血球の成分であるヘモグロビンのもとになるからです。

鉄が不足するということは血液の材料が足りないと言うこと。

このため貧血を起こしてしまうのです。

またヘモグロビンは血液を通じて体の細胞のすみずみまで酸素を運ぶ役割を果たしています。

ですから貧血状態になってヘモグロビンの量がへっていると体に酸素が行き渡らず酸欠状態になります。

これによって疲れやすい、頭痛がする、やる気が出ないという症状がでて、憂鬱な気持ちを招いてしまうのです。

特に女性は生理、妊娠、出産を通して血液の消耗が激しく、ヘモグロビンが足りなくなりがち。

男性に比べると鉄分不足になりやすく5人に一人は鉄欠乏症貧血といわれています。

からだを巡る血液増やし、いきいきとした生活をする為にも鉄を積極的にとるようにしたいものです。

太白区の整骨院で血行促進    も血のめぐりが良くなるサロン。

気になったらはじめ時かもしれません。

女性のデトックスする力

大豆の食物性エストロゲンにも注目 大豆は食物性たんぱく質の宝庫。

豆腐や納豆、凍り豆腐や湯葉といった大豆加工品は消化がよくてタンパク質の含有量も多いおすすめの食品です。

また大豆に含まれる大豆イソフラボンが更年期症状に効くと言う説もあります。

大豆イソフラボンはエストロゲンを似た構造をもっていて食物性のエストロゲン とも呼ばれています。

そのためエストロゲンが不足しがちな更年期の女性が食べると症状が和らいだり肌が若返るというのです。

また大豆不足で便秘はストレスによる便秘の原因になります。

からだを冷やす食べ物や飲み物は控え、食事や入浴などで体を温める工夫をしましょう。

おなかのマッサージで腸に刺激を与えるのも効果的です。

両手をおなかにあて、おへそを中心に時計回りにおなか全体に円を描くようにゆっくりと回す。

肋骨の下あたりからおへその下に向かって上から下になでおろす。 おへその下あたりから上に向けてなで上げるなど。

日常のストレッチで差をつける

便秘を改善して健康的に腹部まわりもすっきり。

下腹はぽっこり膨れて太って見えるだけではなく、おなかが張って苦しい、イライラ、肌荒れなどさまざまな不調の原因となるのが便秘 ダイエットの大敵でもあります。

今年こそ長年の悩み便秘をさよならして心も体もすっきりさせましょう。

便秘の原因として考えられるのは食物繊維が足りない、腸内環境がみだれている、 生活が不規則、ストレスなど。

そのため改善するには食事や生活習慣の見直しが大事です。

便をやわらかくして排便をスムーズにするにはこまめな水分補給が必要です。

朝コップ1杯の水を飲むのも腸が刺激されて効果的。

睡眠をきちんととりましょう。 毎日同じ時間にトイレに行く習慣をつけましょう。

日常的にウォーキングやストレッチなどの軽い運動を取り入れましょう。

食後1時間程度たってから軽く体を動かすのも腸が刺激されるのでお勧めです。

無料ブログはココログ